数奇屋・和風建築、茶室の設計事例

数寄屋とは、茶席・勝手・水屋などの構造様式で、手法が茶道に立脚して造られた一棟の建物、茶室のことを言い、小座敷とも言われたそうです。様式が書院風のものを書院式数寄屋、草庵風のものを草庵式数奇屋といいます。

 泉南の家